Text Size :  A A A
| about | diary | top | 
Img_4ea877304f8c906ab13defa9dfecdc43

※タイトルには私の近況をお知らせする意義についての自問が含まれています。


この4月、諸事情あって関西に引っ越してきたわけですが、
最近やっと落ち着いてここに何か書いとこうかなと。
ここに何かを書くときは結構調子のいい時が多いので、
投稿画面開くと、復活しましたね~~と改めて感じるなあ…。

漫画の方が活性化してきて、燃え尽きている場合じゃないっていうのもあるんですが、
1つやることができると、あ、これもやりたいと思ってたんだったー、これもれこれも。
と次々に思い出し手を出して自分の首を絞めるというこの状況、
会社に勤めていた頃と何にも変わっていない。いいかげん学べ。

プラモ作り出したりね。クロッキー会行ったりね。
クロッキーは昼間完全に1人で人間と話さない日々なのでよかったほんと…。
(文章に書くと孤独が紛れもない事実って感じで泣けるな!)

しかし梅雨なのに雨が降らないので、
あの湿気に包まれる安心感がなくてそわそわするこの頃ですよ。
あーーー湿気に抱かれたい!!!(紙のために除湿しまくりだが)
Img_6b2528925867c38ce246b78acb54005c

高級外車のような護衛猫の話。

瞬発力を高める強化訓練をこの夏勝手に始めたので、
痕跡を残しとく。

第一弾のテーマ「走る猫」
Img_290d443414b7f423dd594cfdb091b3d8
ネクストステージは実は何度でもやってくる。

強化訓練第2弾テーマは「煙草の火」

Img_7163b9ab90647cfc8444d57001dc449c
テーマ「煙草の火」でもういっこ。

命がかかっててもやめられない煙草。
ショートでメガネでつり目の部下私もほしい。
ラジオ買ったんです。
黒いやつ。
買ったんですよ!ラジオを!!
うあーこりゃ快適だー。

この世間の時間の動きがよくわかる安心感。
会社でもかかってたからか家にいても簡単に仕事気分になれる。

ラジオっていうと
魔女の宅急便でキキがお父さんのラジオを、これちょうだいって言うシーン思い出します。
ははは ついにとられちゃったかーというお父さん。すてき。
あれ赤いラジオでしたっけ?黒でしたっけ?
ほうきの先にひっかけて旅立つ有名すぎるシーンなのにラジオの色が思い出せない…。
どっちだったっけか…。黒…いや赤…だったような…。

ラジオって一人暮らしのイメージあるなって思うけど、あれ、魔女宅の印象なんだろうなあ。
なんか自由だけどもちょっと切ない感じ。
うーん…いい!いいよラジオ!

まあでもテレビはよつなげろっていう。